デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

数あてみたいな店名、でも中身は…

2016年9月12日
12/10(トウェルブ・テン)

新しい冒険をお探しですか? 真新しいタトゥーをお披露目に? それならマニラが最適。–この街はアジアでも超クールな都市として存在感を放っています。中でもチェックすべきは、耐えがたいほどヒップな12/10(トウェルブ・テン)。The Girl + The Bull(ザ・ガール アンド ザ・ブル)の(こちらもヒップな)チームが提供する居酒屋スタイルのお店です。

スタイリッシュなパワーデュオ、テア・デ・リベラ(Thea de Rivera)氏とガブ・ブストン(Gab Bustos)氏による第2弾。彼らの記念日にちなんだ店名自体はコンセプトに比べるとさほどイカしていないけれど、ノリノリのこの建物に一歩足を踏み込むと、モダンですべて真っ白なギャラリーを思わせる倉庫スペースが姿を現します。そして、細心の注意を払って設えたコンテンポラリーなアート作品たちが、ポップなカラーでゲストを迎えてくれます。

‘軽食の前に軽く一杯というのがここでの楽しみ方。ハンサムな若いバーテンダーが定番カクテルに彼ら独自のひねりをきかせた、ここでしか味わうことのできない一杯を繰り出します。たとえば、ネグローニやウイスキーサワー。高級なスモールバッチの輸入物スピリッツとアルコールのみを使った至極の一杯が生まれます。しかし、あのMecha Uma(メチャウマ)の若くてもっとヒップな弟分の名に恥じぬよう、12/10(トウェルブ・テン)は変わらぬ人気を誇る日本の居酒屋の小皿料理を取り入れました。お気に入りのドリンクに合わせて少しずついろいろな味を楽しめるところが喜ばれています。

ここのおすすめは、生のマグロを使ったサラダ(キュウリ、刻みのり、七味、ゆず胡椒入り)、韓国風フライドチキン(焼きなす、コチュジャン、ゴマ、シソ、ライム添え)、鯖のセビーチェ(スリラチャ、ココナッツ、パクチーオイル、大根添え)、そしてトロおにぎり(海苔を巻いたおにぎり、マグロ、フォアグラ、ピリ辛マヨネーズソース)。ぜひ、お見逃しなく。芸術家風の人々に気後れせぬよう、ぬかりなくご準備を。

12/10 / 7635 Guijo St / Makati / +63 915 663 2823 / 月曜日-土曜日 夕食 / facebook.com
このページの先頭へ