デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

1890年代のロンドン風レストラン&バー

2014年3月2日
ストックトン(Stockton)

香港には上質な時間を楽しむことのできるレストランがあります。マルコム・ウッドさん(Malcolm Wood)が率いるマクシマル・コンセプト社は「ブリックハウス/ Brickhouse」、「ブルーブッチャー/ Blue Butcher」 、「フィッシュ&ミート/ Fish & Meat」などの人気レストランを手掛けてきましたが、その最新店舗が話題となっています。それが1890年代のロンドンに数多くあった社交クラブの雰囲気を再現したという「ストックトン/ Stockton」です。そのすぐ上は「フィッシュ&ミート」の賑やかなダイニングルームとなっていますが、シンプルなインテリアの「フィッシュ&ミート」とは異なり、ムードのある照明が高級感のあるソファやアンティークの調度品を照らし、“秘密”のシガー専用ルームまであるため会員制クラブのように感じられますが、どなたでも利用することができます。

希少な銘柄のウイスキーやジン、ヴィンテージシャンパン、ヴィンテージ風カクテルなどのドリンクが揃い、お酒の味だけではなくそれぞれの持つストーリーも一緒に楽しむことができそうです。嬉しいことに、熟成したお酒の味わいはモダンなお料理との相性も良く、特にシナモンをグラスの縁にあしらったリブストン・アップル(Ribston Apple:スパイス風味ラム、アマレット、アップルサイダー、ハチミツ)、辛口のベイジャン・ハウスワイフ(Bajan Housewife:ファラーナム・ラム、スターアニス、真空調理済ライム)は一度お試しいただきたい逸品です。エンダイブにマッドクラブをあしらった一品をはじめ、アヒルの半熟卵とウニのディップを添えたトースト、タイのカルパッチョと田舎風テリーヌ、かりかりの食感を楽しめる自家製スコッチエッグ、ビーツで熟成させたスカンジナビア風サーモンマリネとキャビアなどユニークで美味なおつまみ類も充実しています。では、今宵も乾杯!

G/F / 32 Wyndham St / Central / +852 2565 5268

このページの先頭へ