ペン・シティに戻る

つま先のきらめき

2014年3月23日
Pretty Ballerinas(プリティ・バレリーナ)

流行に敏感な女性たちが、毎日ハイヒールで歩くのは、平坦な舗装道路ばかりのニューヨークやロンドンでは割とたやすいかもしれません。しかし、ここ香港では、切り立つ坂道やでこぼこ道と格闘しなければならず、そこでほぼ必須といえるのが、安心して歩ける快適なフラットシューズです。 それを考えれば、フラットシューズを専門に扱い–世界各地で80店舗以上–を展開する「Pretty Ballerinas(プリティ・バレリーナ)」が、今まで香港に進出していなかったことは少し不思議です。しかし最近ようやく、銅鑼湾(コーズウェイベイ)に、こぢんまりとした品の良い旗艦店をオープンしました。

一般のシューズショップでは、フラットシューズの製造はわずかですが、スペインを拠点とするこの高級シューズブランドは、年間300という圧倒的な数のスタイルをオートクチュール品並みの品質を持つ柔らかなレザー、エナメル革、スエード、ヘアカーフ仕立てのハンドメイドフラットシューズを製作しています。 その上、このフラットシューズは普通のパンプスではありません。ディテールにこだわった絶妙に柔らかなスリッポンに、絹の紐、蝶結びのリボン、金銀のグリッター、ブルトンキャンバス、ゴブラン織り風の刺繍、ポインテッドトゥからラウンドトゥまでバリエーション豊富なシェイプ、中間色からネオンカラーまで多種多様なカラーで装飾を施しています。 店舗で現在取り扱っているモデルは、足が長く見えるというつま先のとがったバレエシューズ「Ella(エラ)」、ファッションブロガーのビップ・リン(Bip Ling)とのクロスオーバーコレクション「Pretty Loafers(プリティ・ローファー)」や、女児向けシューズラインの「Pretty Young Princess(プリティ・ヤング・プリンセス)」など。 こんなふうに履きやすくてスタイリッシュなフラットシューズを足にまとえば、ソーホースタイルのステップで階段の上り下りも楽しめるはず。

店舗 G22 / G/F / Windsor Hse / 311 Gloucester Rd / Causeway Bay / +852 2252 9822 / prettyballerinas.com

このページの先頭へ