デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

島ののどかな風景

2016年5月30日

Paradis(パラディス)

グアドループ島行きやマルティニーク島行きの航空券を予約するという面倒は省いてしまいましょう。バーが軒を連ねる香港の雲咸街(Wyndham Street)に楽園が登場しました。すばらしい夜遊びを楽しめること請け合いです。

薄暗い中でくつろげる62席のレストランラウンジには、カリブ海フランス領の雰囲気が流れています。アースカラーの官能的な色彩、ゴールドの仕上げ、濃厚な質感が、のんびりムードあふれる南国の島のスタイルと、ほんの少しの豪華さを一つにまとめ上げています。壁に表現されたジャングルのモチーフはカリブ海の魅力を放ち、エレガントな木製ルーバーの目隠しがダイニングブースを囲み、プライバシーを確保しています。ハイチの月の女神「マウ(Mawu)」が、ブロンズのペンダント灯から注文仕立てのラム酒のボトルまで、折衷的なデザインのディテールを一層引き立てています。背もたれにベージュの柳細工を施した椅子が並ぶ、やや曲線的なバー、レザーをたっぷり使った壁際の長椅子、生い茂る植物、タイル敷きの床には、誰もが好感を覚えます。

香港の中のフランスとして屈指の存在感を放つこの店を、ミクソロジストとして香港一の腕を誇るアレクサンダー・チャット(Alexandre Chatt)氏が創る果実感のあるカクテル、店内DJ、気取りのないメニュー(じっくり煮込んだイベリコ豚のポークチョップ、ヤムイモの甘煮添えなど)が支えています。シェアプレートからメイン、デザートまで、料理が途切れなく登場します。コリアンダーとショウガをたっぷり使ったクリスピーなフィッシュケーキのアクラ、パッションフルーツとチリ、アボカドを添えたホタテのセビーチェ、島に伝わるシナモンバナナを、ぜひ味わいましょう。飲み物には、フローズンチャードキーライムダイキリがおすすめです。

好奇心豊かな客や旅行者を魅了する、風変わりな要素の詰まったParadis(パラディス)は、バーをはしごする人の群れから逃れて優雅なひとときを過ごせる空間です。楽園万歳!

3/F / 46-48 Wyndham St / Central / +852 3182 0105 / ランチ 月-金、ディナー 月-土 / paradishk.com

このページの先頭へ