ペン・シティに戻る

香港の中心で楽しむ、素材を活かしたファインダイニング

2014年5月23日
NUR

レイモンド・ブラン氏のミシュラン2つ星レストランLe Manoir aux Quat’Saisonsでの10年に渡る修行と、コペンハーゲンのNOMA’s Nordic Food Labでの活躍を収めたシェフ、Nurdin Topham氏は、着実に自らのレストランの確かな基礎を築いてきました。 香港を最初の地とするファインダイニングNURは、90%の食料を輸入に頼る香港にあって、大部分の食材に地産のものを使うという、シェフの画期的な野望を実現するレストランです。 

季節のテイスティングメニューは、6品コースの「Light」と、9品コースの「Feast」の2種類。NURではTophamsによる大胆な美食体験を堪能できます。ファンリンのゼンオーガニックファーム産トマトのポプリ、日本産太陽卵と椎茸、クレソンのクリーム添えビーツチップ、キュウリとわさび添えフランス産ジラルデューオイスターなど、味覚も視覚も満足させるお料理をお楽しみください。 さらに、広々としたインテリア、オープンキッチン、緑豊かな素晴らしいベランダ(多くの植物がTophamsの料理用に栽培されています)を備え、都会の喧噪を階下にしたくつろぎの空間を演出しています。 ネイチャー(自然)を感じるNURチャー!

3/F / Lyndhurst Tower / 1 Lyndhurst Terrace / Central / +852 2871 9993 / nur.hk

このページの先頭へ