ペン・シティに戻る

ジャパニーズ・フュージョン・タパス

2014年6月6日
Naked Gurume Gyarari(ネイキッド・グルメ・ギャラリー)

日本食に伝統的なスペインのタパス、オーガニック素材をたっぷり使って、香港の将来有望なスローフードのシェフを組み合わせたら何ができるでしょうか? ジャスティン・チャン(Justin Chan)氏がソーホーに新たにオープンさせたレストラン、Naked Gurume Gyarariで、その答えを体感することができます。 トレンディなエリア西営盤に2013年の終わりにオープンしたLocofama(ロコファマ)で一躍レストラン界の注目を浴びたチャン氏はそれ以来、それまでの「ミニマリスティック」な哲学を、フュージョンにヒントを得た料理へと展開しつつあります。日本のポップアートが飾られ、メインルームは光沢のある壁にダークカラーの木製の床に、長いレザーの長椅子が備えられたギャラリーのようなプライベートダイニングスペースでお食事を楽しめます。 

黒トリュフのペーストと柚子とガーリックのクリームをのせたクリスピーな蓮根チップスから、トロと48か月間熟成させたイベリコハムにハマベブドウとキノアでアクセントを付けたラップ、メスクランの葉とチーズ風味の豆腐のビネグレットソースを合わせたホタテとベーコンのサラダなど、目にも楽しい小皿料理が並びます。 デザートにも奇想天外なメニューがいっぱい。ブルベリーをトッピングしたチーズケーキは薄く切ったキュウリで巻き寿司のように巻かれ、「ソイ」(抹茶チョコレート)のディップソースが添えられています。 そして、フュージョンであれ何であれ、日本料理レストランには、日本酒がなくてははじまりません。長野や秋田から取り寄せた有名無名の各種銘酒をお試しください。 ミニマル・シック!

1/F / 28 Elgin St / Soho / +852 2363 7299 / naked.com.hk

このページの先頭へ