ペン・シティに戻る

幸運は3回訪れる

2014年6月19日
Aberdeen Street Social(アバディーン・ストリート・ソーシャル)

ロンドンのPollen Street Social(ポーレン・ストリート・ソーシャル)に続いて、上海にCommune Social(コミューン・ソーシャル)を開業した有名シェフ、ジェイソン・アサートン(Jason Atherton)氏が、満を持して香港にAberdeen Street Social(アバディーン・ストリート・ソーシャル)をオープンさせました。 人気のタパスレストラン22 ShipsとHam & Sherryを湾仔にオープンさせ、香港のレストラン業界では既に名の知れたアサートンですが、今回彼が手がけたのは香港初の英国レストラン。デザイン界のハブを目指す複合施設として再開発されたばかりのPMQ(かつての警察官の家族向け官舎、Police Married Quartersの略)内にオープンさせました。Neri & Huによる2階建ての建物は、こげ茶色の木の壁に、店内には鋲打ちの革張りラウンジチェアや、有名アーティストエイドリアン・ウォン(Adrian Wong)氏作のぐるぐる回る床屋の看板が置かれています。

お天気の良い日には、ゆったりできる2階のバルコニーの席がお勧めです。シップスミス・ジン、ブリストル・クリーム・シェリーを使ってブラッディ・マリーをアレンジした「ブラディ・イングリッシュ」などのシグネチャーカクテルと、前菜にたまごとチェリートマトのブルスケッタをオーダーしたら、あとはメニューをゆっくり吟味してください。 メニューには、うずらのもも肉のコンフィ、フォアグラのソテー、桃のチャツネ添え、骨髄入りの牛のほほ肉の煮込みなど、アサートンが腕を振るう現代風の英国料理が並びます。 お食事の後には、受賞歴のあるペストリーシェフ、アンドレス・ララ(Andres Lara)氏による、カラメルトフィー、ブラウンバター、タマリンドを使ったりんごと梨をベースにした罪深いデザートをお試しください。ララ氏によるあまーい誘惑のデザートは、店内のパティスリー、スイート・ソーシャルでテイクアウトもできます。 英国風ホスピタリティ!

G/F / PMQ / 35 Aberdeen St / Central / +852 2866 0300 / 月曜閉店 / aberdeenstreetsocial.hk

このページの先頭へ