ペン・シティに戻る

スコッチの物語

2014年8月4日

ウィスキー・ライブラリー

ここの棚には、世界中のすばらしい図書館と同じようにあらゆるクラシカルな品々が名を連ねています。ただし、ベン・ネビスからカリラ、キルホーマンといったこれらのコレクションは本ではなく、醸造酒の愛好家たちのためのものなのです。 木箱の散らばる床から工業用のランプが灯る天井まで積み上げられているのは、世界中から集められたハンドメイドの最高級蒸留酒。本を借りるための近所の図書館と違って、ここでは返却済みのハンコをもらう必要などありません。なぜなら並んでいるものはすべて、ボトルごと購入することができるのですから。
 
名前から推測されるように、紳士のために設えられたこの部屋の主はウィスキー。アイラ島やスペイサイドの有名ブランドから生まれた何百種類にものぼる品種に加えて、ハンドメイドのヴィンテージや限定生産品も取り揃えられており、それらすべてが完璧な状態でそれぞれの年月を重ねています。 ウィスキーにはちょっとうるさいというお客様には、ぜひここに並ぶコレクションをじっくりと鑑賞していただきたいものです。ぜいたくなレザーのアームチェアーにゆったりと背を預け、なめらかなシングルモルトを心行くまで味わってください。 ‘ザ・ウィスキー・ライブラリーでは、ウィスキーにあまりなじみがないお客様に、麦芽に付けられたピート香をかぎ分ける方法をご指南します。また、一味違った種類のお酒も試したいというお客様向けに、ジン、ウォッカ、ラム、ブランデーなども少量ながらご用意しております。 9月になれば、スコッチ愛好家たちがお酒を楽しめる場所がもうひとつ誕生します。ランドマーク・アトリウムのメンズフロアにTWLの2号店がオープンするのです。ここではテイスティングだけではなく、お酒の保管法や注ぎ方を学ぶ講座を受講することもできます。
 
9/F / Man Hing Commercial Bldg / 79-83 Queen's Rd Central / +852 9015 0939 / 11:00 - 23:00 月-土/ thewhiskylibrary.com
このページの先頭へ