デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

斬新なレビュー(ショー)

2016年8月1日
Fool Me Twice, Déjà Vu(フールミー・トワイス、デジャブ)

Second City(セカンド・シティ)の104番目のレビュー(ショー)となる‘Fool Me Twice, Déjà Vu’(フールミー・トワイス、デジャブ)のチケットは、できたてのディープディッシュピザのように売れています。このコメディショーを見たことがあるけどと思う方には、まさにお勧め。このしゃれたタイトルから鍵となるコンセプトが分かります。前半は面白おかしくも繋がりがないような寸劇の数々、しかし、後半にキャストがそれらを再度演じることで観客を見事に騙します。乞うご期待…

このおかしくもカリスマ的な2時間のレビュー(ショー)は、ライアン・ベルニエール(Ryan Bernier)氏が監督、シカゴの即席劇のトップ俳優らが脚本作成および出演をしています。トップ俳優には、前回のキャスト、チェルシー・デバンテス(Chelsea Devantez)氏、ポール・ジュレウィツ(Paul Jurewicz)氏、ダニエル・ストラウス(Daniel Strauss)氏のほか、メインステージの新入りキャスト、ラシャウン・ナディーン・スコット(Rashawn Nadine Scott)氏、サラ・ショック(Sarah Shook)氏、ジャミソン・ウェブ(Jamison Webb)氏などが含まれています。抱腹絶倒をお約束します。–すでにご覧いただきましたか? いつもとは違うことをしていますか?–ミレニアル世代からクリスチャンメディア、競争を勝ち抜こうと躍起になる教育ママや、現代技術など、この劇は現代の基盤を表現しています。体を張ったコメディー、流行りのトピック、考えられた脇台詞、観客との交流、盛りだくさんのギャグをお楽しみください。

夜のお出かけに、オールドタウンから徒歩圏内にあるチケット売り場にて、提携レストランのディナー付きパッケージをご予約ください。観劇前の美味しいお食事には、イタリア料理ならOrso’s(オルソース)やDinotto(ディノット)、バーベキューならFireplace Inn(ファイヤープレイス・イン)、中西部料理ならPerennial Virant(ペレニアル・ヴァイラント)はいかがでしょうか。

本劇は、勢いのあるコメディークラブ、Second City(セカンド・シティ)で、ここ数年で最も優れたレビュー(ショー)の1つです。何度も…何度も…何度も…観たくなるでしょう。

2017年1月4日まで開催しています。

Fool Me Twice, Déjà Vu / Chicago Mainstage / 1616 N Wells St / Old Town Triangle / +1 312 337 3992 / secondcity.com

このページの先頭へ