デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ランの祭典

2017年2月13日
シカゴ・ボタニック・ガーデン「ラン展」

外は冬――若者がシカゴの冬を満喫する時期です。毎年恒例のシカゴ・ボタニック・ガーデン「ラン展」(3月26日まで)で、最高の時間を過ごしましょう。その高温多湿の熱帯環境は、愛と平和の最たるものです。色とりどりに咲きほこる花に陶酔し、満ち満ちる香りに包まれてめくるめく時間を過ごせば、たちまち元気になれることでしょう。

熱気こもるシカゴ・ボタニック・ガーデンのレーゲンスタイン・センター内には、10,000種を超える花盛りのランや、数々の交配種が咲く温室が複数あります(ぜいたくな花々は、異国情緒たっぷり!)。ガーデンショップや週末に開かれるオーキッド・マーケットプレイスでは、とびきりの花を早々に買って、お土産にしましょう。

今年行われる過去最大規模の展示では、ランが大衆文化に影響を与えた経緯に注目した、遊び心のある演出も楽しめます。ディオールやフェンディなど、ランと特別な関係を築いてきたオートクチュールファッションハウスにちなんで、造園家と園芸家による3つのチームが、新鮮なランを素材にした“ドレス”を創り上げました。注目したいのは、全長約4.6メートルに及ぶヒスイラン属の“ウィンドチャイム”や、コチョウランの珍種V3です。

スティールパングループCallalooが演奏を行い、専門家が出席するドリンク付き「Orchid Show Members Preview」(2月10日)のほか、カクテルのテイスティングと軽食を楽しめる「Evening with Orchids」(3月16日)など、特別イベントも開催されます。一部の日には、シカゴのフルート&ハープコンボ「Orpheus Duo」(バレンタインデー)などの奏者が登場する「Morning Music with Orchids」(午前10-11時)も開催されます。また、スパニッシュギター、中国楽器の演奏も近日発表されます。花の季節を満喫しましょう!

2017年2月11日-3月26日。

Chicago Botanic Garden / 1000 Lake Cook Rd / Glencoe / +1 847 835 5440 / 毎日 8:00-17:00(2月)、8:00-19:00(3月) / ラン:毎日 10:00-16:00 / 要予約 / chicagobotanic.org

このページの先頭へ