デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ファッションの遺伝子

2013年10月24日
ステーシー・トッド(Stacey Todd)

ファッションビジネスは、自分の意思だけではなく、遺伝という要素があるように感じます。ラクジュアリーブランドで大企業となったミッソーニがいい例だと思いますが、規模はミッソーニに及ばなくとも、今回ご紹介するブティックもそういうパターンとなっています。「ノーマン・トッド/Norman Todd」はノーマン・ルタさん(Norman Ruta)が創業し、後年になって娘のステーシー・フェルドマンさん(Stacey Feldman)が多角化したブランドです。ルタさんは有名なコメディ番組『メアリー・タイラー・ムーア・ショウ/Mary Tyler Moore Show』で衣装デザイナーを務め、1960年代のファッション感度の高いキャリアウーマンに人気となりました。娘もファッションの道に進み、 1980年代にそれよりもコンテンポラリーなデザインでより安価な「トッド&コー/Todd & Co」ブランドを立ち上げたのでした。

残念ながら「トッド」ブランドは1992年に販売を終了しましたが、フェルドマンさんは新たなブティック構築を計画し、スタジオシティ(Studio City)に開業したファッションと家庭雑貨の「ステーシー・トッド/Stacey Todd」が順調で、ウエストハリウッドにも進出したのです。当地では入手が難しい「メゾン・マルタン・マルジェラ/Maison Martin Margiela」をはじめ、いつも人気の「フィリップ・リム/Phillip Lim」、「イサベル・マラン/Isabel Marant」のブーツ、「ロンダ・オクス/Rhonda Ochs」のクロコダイルの黒革バッグ、「レネー・シェパード/Renée Sheppard」のユニークなジュエリー類、またアンティークのロレックスも扱っています。独自ブランドの服の製作から買い付け旅行で仕入れてくる商品に至るまでルタさんの影響を隅々に見ることができ、まさに血は水よりも濃いということが感じられます。

454 N Robertson Blvd / West Hollywood
/ +1 310 659 8633 / staceytoddboutique.com
このページの先頭へ