デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

人気シェフの3店舗目

2013年10月31日
オルサ&ウィンストン(Orsa & Winston)

ジョセフ・センテーノシェフ(Josef Centeno)はロサンゼルス・ダウンタウンのオールドバンク地区(Old Bank District) の人気者としての地位を確立しました。豚バラ肉をフラットブレッドに挟んだ看板メニューで人気に火がついた「バコ・メルカート/Bäco Mercat」、その次にはご近所にアメリカ風メキシコ料理レストランの「バー・アマ/Bar Amá を開業したのです。このたび、センテーノ ・ファミリーの3軒目となる「オルサ&ウィンストン /Orsa & Winston」がオープンしました。センテーノシェフの2匹の愛犬に因んだ店名で33席だけのレストランです。テーブルはゆとりのある配置で奥にあるキッチンの様子を見ることができ、モノクロトーンのモダンなインテリアがカラフルで美しいお料理を引き立てます。
                                                                      素朴な雰囲気のバコ・メルカートやバー・アマに比べると明らかに高級感があり、日本とイタリアのフュージョン料理で3種類(5品、9品、20品)の プリフィクスコースを提供しています。5品の場合は、柿ペースト、アンチョビのジュ をあわせた生カンパチ、シェリー風味のホイップクリームと燻した香りを楽しめるパンチェッタを添えた半熟卵、生ウニを乗せたペコリーノとコシヒカリのリゾット、ハックルベリーで飾った豚ロースの鶏レバームース包み、デザートにしっとりと仕上げた茹でた西洋梨とリコッタチーズのケーキが用意されています。また、各コースともにオプションで、ビアンキ・ガッテナーラ2007(Bianchi Gattinara 2007)、ウルラ・ジュランソン2011(Uroulat Jurançon 2011)など珍しいワインからはじまり純米酒に終わる ペアリングを楽しむこともできます。愛犬にちなんだ店名ですが 高級なお食事が楽しめるレストランです!


122 W 4th St / +1 213 687 0300
/ 18:00-23:00 日曜・月曜定休 / orsaandwinston.com
このページの先頭へ