デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

マリブの波打ち際でモダン和食を

2012年11月22日
Nobuマリブ(Nobu Malibu)

カリフォルニアの陽光、海、そしてお酒。この8月、NOBUマリブはビーチが目の前に迫る場所に移転しリニューアルオープンしました。

NOBUはハリウッドの大御所、ロバート・デ・ニーロが共同経営者となっており、日本料理をベースにしたフュージョン料理で世界各地に展開しています。こちらのNOBUマリブでは、グレゴリオ・ステファンソン総料理長(Gregorio Stephenson)が主に調理を担当しており、マリブ限定のトリュフ・バターソースとカリカリに揚げたマウイ産オニオンを添えたリブアイ、シイタケを添えた神戸牛などがいただけます。

その一方で、ノブこと松久信幸シェフが、“ハマチのハラペーニョ添え”、“デ・ニーロのお気に入り-ブラックコッドの味噌焼き”(←Nobu東京のひょうきにならった)など、定番の人気メニューが何処でも同じ味でいただけるように配慮していることに安心感が持てるでしょう。そういう意味では、他の姉妹店との違いは、レストランのほぼすべての席でマリブの海の眺めと食事を同時に堪能できることでしょうか。

インテリアはホワイトとサンドベージュ系チーク材を基調にしており、床から天井まである大きな窓が解放感を感じさせます。外のデッキやラウンジでは夕暮れや、星空の下で食事を楽しむことができます。

店内の日本風庭園を横切れば、暖炉と滝のあるイベントスペースとなっており、よりくつろいだ雰囲気の中でドリンクや会話を楽しむことができます。予約し忘れた場合は、早めに来店しましょう。スシバーの14席は先着順で案内されますので、待つだけの価値があります。乾杯!

22706 Pacific Coast Highway / +1310 317 9140 / 日曜日-木曜日17:45-22:00、金曜日-土曜日17:45-23:00 / www.noburestaurants.com
このページの先頭へ