デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ギャラリー巡りを堪能

2013年8月22日
LUXW流カルヴァーシティの歩き方

かつてはMGMが、現在はソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが本社を構えているのがカルヴァーシティ(Culver City)です。このところアート地区に新しいショップやギャラリー、レストランが続々とオープンするなど以前とは全く異なる様相を呈しており、ニューヨークタイムズ紙では“初期のチェルシーの様”と評しています。今回はワシントン大通り、ラシエネガ大通り界隈のイベント情報を中心にご紹介しますが、多くのギャラリーは日曜や月曜が定休日となっていますので、そこを避けてお出かけされることをお勧めします。

ギャラリー名、イベント名、アーティスト名、英文の順にご紹介します。① 「コプリン・デル・リオ」では“フィーバードリームス”と題し、マーク・リカーリやロビー・コーナルなどのアメリカ人現代アーティスト作品を8月24日まで展示中。(Kopelin Del Rio / Fever Dreams / Mark Licari / Robbie Conal) ② 「ルバス・プロジェクト」では“あなたの中にあるダイヤモンド”と題し、ドイツ出身の2人組アーティスト、ヘラクトの作品展を8月31日まで開催中。(LeBasse Projects / You Have Diamonds in Your Mind / Herakut) ③ 「オナー・フレイザー」では9月7日よりパフォーマンス・アーティストのドーン・カスパーと前衛写真家のブレンナ・ヤングブラッドの展示を開催予定。(Honor Fraser / Dawn Kasper / Brenna Youngblood) ④ 「JKギャラリー」は幅広いジャンルの新進、有名作家の作品を数多く扱っています(JK Gallery) ⑤「ウォルター・マシエル」は9月10日より挿絵作家のジョン・バンクストンの展覧会を開催予定。(Walter Maciel / John Bankston )。これだけ多くのギャラリーを巡った後にはアーティストも集う「マンドレイクバー/Mandrake Bar」に立ち寄り、カクテルを片手にアートを語ってみませんか?

Kopelin Del Rio / 6031 Washington Boulevard (at Melvil)
/ + 1 310 836 9055 / kopelindelrio.com
LeBasse Projects / 6023 Washington Boulevard
/ +1 310 558 0200 / lebasseprojects.com
Honor Fraser / 2622 S La Cienega Boulevard
/ +1 310 837 0191 / honorfraser.com
JK Gallery / 2632 La Cienega Boulevard
/ +1 310 837 3330 / jkgallery.net
Walter Maciel / 2642 La Cienega Boulevard
/ +1 310 839 1840 / waltermacielgallery.com
Mandrake Bar / 2692 La Cienega Boulevard
/+1 310 837 3297/ mandrakebar.com
このページの先頭へ