デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Served with Mucho Gusto

2015年7月6日

Il Ristorante di Giorgio Baldi(イル・リストランテ・ディ・ジョルジオ・バルディ)でいただくような豪華なイタリアンがうってつけの時や場所があります(特にエージェントが支払ってくださる時には)。 それ以外のときは、シンプルでおいしいパスタに勝るものはありません。 しかし、一番小さいゼロサイズが良しとされ、1杯の青汁が食事と見なされ、炭水化物は罪とまでされるこの土地では、ボリュームたっぷりのイタリア料理を見つけるのは簡単ではありません。

 

味にこだわるグルメの皆様がご存知のとおり、とにかくおいしいイタリアのおふくろの味の定番を楽しめるのがGusto(グスト)。ビクター・カサノバ(Victor Casanova)シェフによるウエストサードストリートに佇むトラットリアです。

 

Culina(クリナ)出身のカサノバ氏は、カサノバの名の通り、過去3年以上に渡って、ロスアンジェルスの人々の心と胃袋を掴んでいます。ハンドメイドのアニョロッティ、スパゲッティ、ガルガーティ、さらに肉料理のメインコースからなるクラシックな逸品を揃えたメニューは、旬の素材を活かして常に新しく書き換えられています。

 

バーガンディ色に彩られた壁とグレージュのタイルをしつらえ、ベンチ席が並ぶダイニングルームは小さな空間です。しかし、がっかりすることなかれ。テーブルクロスがかけられ、巧妙に配置されたテーブルは居心地がよく、これほどおいしいお料理には他に何も要りません。

 

羊のミルクで作ったリコッタチーズのニョッキにワイルドマッシュルームとマルサラグーのラグーソース、あるいは、さらに夏らしい味をお望みならエビ、ズッキーニ、バジルのシャラティエッリはいかがでしょう。 シーフードがお好みなら、 タコの炭火焼のスパイシーハリッサとひよこ豆添えがおすすめです。メニューは日替わりですが、この1品は人気が高く頻繁に登場します。

 

充実したワインリストから極上のイタリア産ワインを選び、締めくくりにはココナッツジェラートパイなどのデザートをどうぞ。 ムーチョグスト(はじめまして)!

 

8432 W 3rd St / Beverly Grove / +1 323 782 1778 / ランチ:月-金、ディナー:毎日 / gusto-la.com

このページの先頭へ