デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ビバリーヒルズの公園でアートに触れる週末

2012年10月18日
アフェア・イン・ザ・ガーデンズ(Beverly Hills'Affaire in the Gardens' Art Show)

美術鑑賞を目的とした旅行にいくならどこ?と聞かれて、ビバリーヒルズと答える人はまずいないでしょう。世界最大規模のアートフェアが開催されるバーゼル同様とは言いがたいものの、年2回開催される“アフェア・イン・ザ・ガーデンズ(Affaire in the Gardens)”は、全米各地から250名を超えるアーティストがビバリーガーデンズパーク(Beverly Gardens Park)に集結する入場無料のイベントで、ビバリーヒルズ近隣をはじめ、遠方からも多くの人々が訪れます。

2012年秋季は10月21日と22日の開催となります。約40年にわたる歴史を持ち、絵画、写真、印刷物、彫刻、陶芸、ガラス工芸にマルチメディアを使った作品などが出品されますが、通常の展示会と異なるのは、アーティストがバイヤーと直接交渉しなければいけない点といえるでしょう。前回は、油絵画家のジョン・キルダフ(John Kilduff)、写真家のマーティン・J ・ウォーターマン(Martin J. Waterman)、インパスト技法で知られるエウル・ハーレー(Eul Hurley)、現代アートのリア・デヴォラ(Leah Devora)などが参加しています。

実行委員会によるアートデモンストレーション、ウォーキングツアー、音楽の演奏会をはじめ、子供向けに陶器づくり、サンドアートやお絵かき教室なども予定されており、一般市民も楽しめる内容となっています。お腹がすいたら、ジョージズ・グリークトラック(George’s Greek Truck)、スプリンクル・カップケーキ(Sprinkles Cupcakes)など人気店がいくつも出店していますし、ワイン&ビアガーデンも設置されます。アート好きの方は勿論、家族でいつもとはちょっと違う週末を過ごしてみたいと思っている方にもお薦めのイベントです。

Beverly Gardens Park / Beverly Hills CA 90210
+1 310 285 6830 / 10月の第三週末(20日‐21日)/ 10:00-17:00
このページの先頭へ