デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ただならぬお宝ファッションアイテム

2015年6月22日

Des Kohan(ダス・コーアン)

 

ロサンゼルスらしいスタイルについて、自称ファッション通に簡単に話してもらったとします。スキニー、スニーカー、スウェットシャツ、ハイヒール、サングラス、シーズー犬のうち、どれか一つは間違いなく話に出てきます。あるいは、全部出てくるかもしれません。…

 

同じ質問を地元に暮らすデザインの案内人たるダス・コーアン(Des Kohan)氏に投げかけてみてください。おそらく、まったく違う答えが返ってくるはずです。それが、同氏がミッドウィルシャーに自らの名前を冠したブティックを構えた大きな理由でもあります。彼女はここに流行最先端の品々を集め、紋切り型ファッションからの脱却を図ろうとしています。

 

近隣のMuseum Row(ミュージアム・ロウ)と同じように、コーアンのブティックには美意識の高い顧客のために厳選したアイテムが揃っていますが、話題は骨董品のことではなく、服のことばかりです。 ラックには、フセイン・チャラヤン(Hussein Chalayan)の建築物風アイテムや、アズディン・アライア(Azzedine Alaïa)の最先端を行く高級婦人服、難解で奇抜なヴィクター&ロルフ(Viktor & Rolf)のアイテムなど、デザイナーものレアアイテムが数え切れないほど掛かっています。

 

その一方で、とりわけCFDA(アメリカファッション協議会)一押しのジュアン・カルロス・オバンド(Juan Carlos Obando)、シャロン・ワコブ(Sharon Wauchob)、194Tなど、無名ブランドを応援するファッション好きが喜ぶものがたくさん見つかります。

 

コーアンが築き上げてきたファッション関連の伝手のおかげで、店には限定アイテムが一杯です。特に同店のために誂えたアイテムも珍しくありません。その上、エルメス、シャネル、ジバンシーのような高級ブランドの厳選ヴィンテージも揃っています。 ファッションの犠牲者ですって? いえ、むしろ流行ファッションの勝ち組でしょう!

 

671 Cloverdale Ave / Mid-Wilshire / +1 323 857 0200 / 月-土 11:00-18:00 / deskohan.com

このページの先頭へ