デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ゴードン・ラムゼイのカジュアルレストラン

2012年12月6日
ファット・カウ(Fat Cow)

Ramsay)と言えば、テレビではスタッフへ暴言を浴びせることでも有名ですが、合計10のミシュランの星を獲得している伝説的存在で、いまや世界各国でレストランを展開しています。そのラムゼイシェフの新しいレストラン、ファット・カウ(Fat Cow)は、カジュアルな雰囲気で子供連れでも気軽に入ることができます。むき出しのレンガの壁に、天井からは飾り気のない電球が吊り下がり、リユースのウッド材のテーブルや椅子が並び、フリーマーケットで買ったアンティークのような装飾品が飾られている店内には目新しさは感じません。しかし、流行の最先端とは言えないけれども、美味しいものも食べられるパブ、という位置づけが、逆に支持を得ています。心地よく過ごせる空間となじみやすいメニュー、カジュアルで気の置けない雰囲気で、ラムゼイシェフはファミリー層をとらえ、リピート客を増やしています。

ヨーロッパ料理をベースにしながら、セビーチェ、ガスパチョなど流行りのカリフォルニアとラテンアメリカの料理も取り入れ、またビーフの小型バーガー、石焼きピッツァやロブスター入りマカロニ&チーズなどアメリカの人気料理、また、古典的なフィッシュ&チップス、シェパードパイ(shepherd’s pie)やメレンゲを使ったデザートのイートン・メス(Eton Mess)などラムゼイシェフの出身地・スコットランドを感じさせるメニューも用意されています。大人は新世界ワインや地ビール、カクテルを楽しめますし、チキンフィンガーやハンドカットフライドポテトとランチドレッシングなどのキッズメニューもあります。200席もある店内の前方にはデザート用のモー・バー(Moo Bar)があり、アイスクリームにサンデー、ミルクシェイク、自家製のスティッキートフィープディングや糖蜜のタルト等を注文することができます。ラムゼイシェフがテレビのようにモーモー言わずに静かにしている限り、ご家族で楽しめるレストランです。

At the Grove / Mid-Wilshire
/ +1 323 965 1020
このページの先頭へ