デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

生粋のビバリーヒルズッ子のビストロ

2013年2月21日
ベッドフォード&バーンズ(Bedford & Burns)

栄光と、若々しい美しさの両方を大切とみなす ハリウッドの土地柄を考えると、「ベッドフォード&バーンズ/Bedford & Burns」のように両方の要素を併せ持つレストランは成功したも同然です。先月ビバリーヒルズにオープンしたばかりのアメリカ風ビストロですが、その歴史は100年ほど前の1918年にロバート・バーンズさん(Robert Burns)がドヘニー&バートンウェイ(Doheny and Burton Way)に薬局を開業したことに遡ります。

ロバートさんの息子のボブさんがロサンゼルス一帯でコーヒーショップとステーキハウスを展開し、3代目となるボニー、ボビー、ベスのバーンズ3兄弟がもともとの薬局から2ブロックのところにレストランを構えたのです。

白い柱に艶やかなウッド材の床、壁に沿って青い革製ソファーを配した、モダンなアメリカと昔の航海時代が共存しているようなインテリアです。お料理も、伝統的なレシピをアレンジした、メイン州産ロブスターのラビオリのブランデーソース、キクイモのピュレと3種のペッパードレッシングを添えたプライムNYストリップステーキなど、斬新な組み合わせを楽しむことができます。 また、薪窯で焼き上げるピッツァに肉や魚介類、家庭的なボブ・バーンズ特製シーザーサラダやボビー特製ブイヤベースをいただくことができます。ドリンクでは、バーンズ・カップ(Burns Cup/ピムス・クラシック、ミント、キュウリ、ジンジャーエール)のような爽やかなカクテル等が用意されています。これからの100年に乾杯!

369 N Bedford Drive / +1 310 273 8585 / 月曜日‐土曜日:ランチ&ディナー、日曜日:ディナーのみ / www.bedfordandburns.com
このページの先頭へ