デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Alfrisky Tunes

2015年7月13日

官能的な夏の夜には、歴史的なハリウッドボウルに合唱を聴きに行くのがロスアンジェルスのセレブたちには人気です。しかし、王道からはずれたところで音楽を楽しみたいというカルチャーマニアには、これとは別にもう少し規模の小さい屋外コンサートがあります。

 

7月から8月にかけて、ウエストサイドにあるスカーボール・カルチュラル・センターでは、睡蓮が咲く円形の中庭がサンセットコンサートシリーズの舞台に変身。厳選された地元と世界のミュージシャンがワールドミュージックファンをうならせます。

 

音楽がお目当ての方もぜひ早めに出向いて、常に新しいエキジビションが楽しめる博物館と教育施設を覗いてみてください。現在は、ロックの革命者ビル・グレアム(Bill Graham)氏の回顧展や、アートのインスタレーションザ・シンギング・ポスターなどをご覧いただけます。

 

アートなひと時のあとには、音楽が始まる午後8時まで、会場内にあるZeidler Cafe(ゼイドラー・カフェ)のフルディナーブッフェで腹ごしらえを(ボウルではピクニックしかできません)。

 

今年で19回目となるコンサートシリーズでは、中東の器楽家グループYuval Ron Ensembleからアメリカ音楽のルーツを思わせるHurray for the Riff Raff、マリのサイケデリックフォークデュオBassekou KouyatéとAmy Sackoなど、幅広いジャンルの才能あるミュージシャンが世界中から集い、ソウルフルなステージをお届けします。 さらに、食べ物以外は無料という特典付き。 アンコール!

 

サンセットコンサートは、2015年8月27日までの毎週木曜日です。

 

Skirball Cultural Center / 2701 N Sepulveda Blvd / +1 310 440 4500 / 火-金 12:00-17:00、土曜日・日曜日 10:00-17:00、サンセットコンサート開催日 12:00-22:00 / skirball.org

このページの先頭へ