ペン・シティに戻る

500USドルのミルクシェイク

2014年1月30日
パウダールーム(The Powder Room) 

ほぼ20年前に公開され て今では古典的な作品となったタランティーノ監督の映画『パルプフィクション/Pulp Fiction』の中で、 ビンセント・ベガ(Vincent Vega)が、5USドルのシェイクを注文したミア・ウォレス(Mia Wallace)に対して文句をつけるシーンがありましたが、ビンセントにとっては、これが2013年でなかったことはラッキーでした。そうでなければ多額の出費を強いられることになったかもしれません。 リバティーングループ社(Libertine group)がハリウッドにオープンした「パウダールーム/The Powder Room」は古き良き時代のハリウッドをモチーフにしたレトロ風のバーですが “ベルベット・ゴールドマイン/Velvet Goldmine”と名付けた500USドルのミルクシェイクが大変な話題となっています。
 
バーの世界も競争が激しく、どのバーもメニューの品揃えやサービスの充実を強化しています。そのような状況の中で「パウダールーム」でオーナーのジョン・アラカキさん(John Arakaki)と「ノー・ベイカンシー/No Vacancy」出身のミクソロジスト、エイドリアン・ビグスさん(Adrianne Biggs)が目玉商品として考えついたのが、国民食のように人気のある飲み物を豪華で遊び心のある一杯にアレンジしたメニューでした。500USドルのミルクシェイクとはどのようなものなのかが気になりますが、「スウィート・ハリウッド/SWEET! Hollywood」に特注したダークチョコレートガナッシュ、バカルディ・リゼルバリミテード、デュ・セーのVSOPコニャック、タヒチ産バニラを使用したアイスクリームなど最高級の原料をブレンドし、ウォーターフォードのクリスタルゴブレット(お持ち帰り可能)に注いだものとなっています。また、ゴブレットにはスワロフスキーの“ニルヴァナモンタナ”クリスタルリングが飾られていますが、この指輪の小売価格だけでも190USドルするとの事です。きれいなクリスタルグラスや指輪をお持ち帰りする必要がなく、もう少し手ごろな料金でドリンク類を楽しみたいという方のために、シェイク、ウイスキーやオリジナルカクテル類も揃っています。“ベルベット・ゴールドマイン”を試してみたい方はお財布の中身に余裕をもってお出かけ下さい。

606 N Cahuenga Blvd / Hollywood / +1 323 469 5001 / powderroomla.net
このページの先頭へ