デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

味わいのフィエスタ

2015年8月24日

Los Angeles Food & Wine Festival(ロサンゼルス・フード&ワインフェスティバル)

 

ロサンゼルスと言えば歯が白く輝く人々、流行りのアルガンオイルを塗った手、そして掌中の珠とも言えるハリウッドが有名です。 しかし最近では、多彩な美食を楽しめるレストランシーンも次第に注目を集めてきており、毎年恒例のLos Angeles Food & Wine Festival(ロサンゼルス・フード&ワインフェスティバル)では、そうしたロサンゼルスの一面を垣間見ることができます。

 

4日間にわたって開かれるこの美食イベントには、ソウルとヒップホップのホットなBGMが流れる中、ロサンゼルスの誇る食文化のエッセンスと米国中の著名なシェフが集まります。

 

注目はオープニングの夜を飾るメインイベント、「Lexus presents Ultimate Bites of LA hosted by Ozzie celeb chef Curtis Stone(オーストラリア人セレブシェフのカーティス・ストーン氏がホストを務めるレクサス提供アルティメット・バイト・オブ・LA)」。DJクエストラブ(DJ Questlove)の選ぶ音楽が流れる会場内を巡りながら、ダウンタウンやウェストサイド、ハリウッド、ビバリーヒルズのトップシェフたちの味を楽しめます。

 

また金曜日には、米国でも話題のシェフ2人が登場。ロサンゼルスのダウンタウンに誕生した注目の新レストランRedbird(レッドバード)からニール・フレイザー(Neal Fraser)氏、そしてジェームズ・ビアード賞で2015年最高の新レストランに選ばれた、ニューヨークシティのBâtard(バタール)からはマーカス・グロッカー(Markus Glocker)氏が訪れ、見逃せないランチをRedbirdで競演します。

 

そして土曜日夜のエンターテインメントには、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)氏のハウスバンドThe Roots(ザ・ルーツ)が登場し、味の祭典を最高潮に盛り上げます。もちろん、グルメ一色に染まったグランド大通りでは、シェフたちが腕を振るうブース30店の美食やワイナリー100か所の上質なワインも楽しめます。 ロサンゼルスの美味しい一面を味わいにお出かけになりませんか。

 

2015年8月27日-30日

 

各会場 / lafw.com

このページの先頭へ