デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

お待ちかねの文化イベント…知られざる北京

2016年9月5日
穴場めぐり

摩天楼も渋滞も、北京では御法度だと思っていませんか? とんでもない。多彩な表情をもち、歴史の染みこんだ輝かしい首都北京の核心に触れる術と場所を、LUXEがご案内します。

まずは、中国文化中心’で多数開催されているガイドウォークやテーマウォークの一つを予約してください。事情通のエキスパートが、植民地時代の建築物、聖堂、仏塔の見学をテーマに、胡同やファーマーズマーケット、裏道を案内します。

手延べ麺を食べられる地元で人気の店海底捞(ハイディラオ)は、典型的な北京料理の店です。麺職人が踊るように麺を打っています。人気が高く、街中に支店があるこのレストランは、本格的な四川火鍋と無料のタレでも有名です。

ショッピング三昧を愉しめるのが、三里屯にある本土定番ブランドブランド・ニュー・チャイナ(Brand New China)です。100を超える中国人独立系デザイナーの商品や、多種多様なファッション、家具、アクセサリーが並んでいます。欧米ブランドに勝るとも劣らない地元の有能な新人のサポーター的存在です。

カルチャーファンは、古い皇家糧倉で崑曲を鑑賞しましょう。この優雅なオペラ形式の舞台演劇(別称:崑劇)は、崑山市で明朝以前に始まった京劇の姉妹版です。『牡丹亭』は、戯曲を崑曲化した作品で中国で最も愛されています。

大董烤鴨店(ダードン)のボリュームたっぷりの北京ダックディナーがなければ、北京とは言えません。故宮(紫禁城)の北東部にある古代の皇家糧倉に店を構えるここの北京ダックは、北京一と目されています。クリスピーで、脂っこくありません。たっぷり召し上がれ。

最後に、15世紀に建立された寺院の中庭がシックなモダンバーになっている妙吧で一服しましょう。竹の木陰でジントニックをすするもよし、アンティークの2人がけソファに納まって、爽快なモヒートを味わうのもいいでしょう。ここ、誰にも内緒ですよ。

中国文化中心 / D4 / The Victoria Gardens / Gong Yuan Xi Lu / Chaoyang / +86 10 6432 9341 / 月-金 9:00-18:00 / chinaculturecenter.org

海底捞 / Jia 2 / 2 Baijiazhuang Lu / Chaoyang / +86 10 6595 2982 / 支店あり / 24時間営業 

Brand New China / NLG-09a / 11 Sanlitun Lu / Chaoyang / +86 40 0008 1651 / 毎日 10:00-22:00

牡丹亭 / Imperial Granary / Dongsi Shitiao / Dongcheng / +86 10 6409 6499 / 金-土19:30 & / imperialgranary.com.cn

大董烤鴨店 / Nanxincang Guoji Dasha / 1-2 Dong Si Tenth Alley / Dongcheng / +86 10 5169 0329 / 毎日 11:00-22:00

妙吧/ Doufuchi Hutong / Dongcheng / +86 10 6407 6778 / 毎日 9:00-1:00

写真 © Stripped Pixel、Tepikina Nastya、Bankoo / Shutterstock

このページの先頭へ