デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

驚くおいしさのフォー

2015年1月5日
Pho Laboratory(フォー・ラボラトリー)

北京の胡同にある、グルメ御用達の店は見つけにくいことで有名です。けれどもそんなことでくじけない精神の持ち主なら、おいしい味覚を味わえる多くの店に出会えます。 そのような店のひとつがPho Laboratory(フォー・ラボラトリー)です。 「Pho」というネオンライトのサインの隣にある入口には標識がなく、見つけやすいとは言い難い場所にあるにもかかわらず、この目立たないベトナム料理レストランは美味しいヌードルショップを求めるファンを多く獲得しています。 大ヒント:リュックスシティガイドおすすめのGreat Leap Brewing(グレート・リープ・ブルーイング)から通りをはさんだ向かい側にあります。

塗装コンクリートと大きな木のテーブルが配置され、天井から自然光の差し込む簡素な定員20席の店内は、特製ビーフフォーを食べにやってくる北京の人々であっという間にいっぱいになります。貴重なサーロインの細切りをのせたビーフフォーは20種類のスパイスや野菜と12時間以上煮込んだ味わい深いスープと共に供されます。 メニューの種類は限られており、シェフはすべての注文を心をこめて準備してくれます。その他、ピーナッツソースを添えた新鮮なエビと豚の春巻きやチャーシュー入りバインミー(プルドポークを焼き立てのバゲットではさんだサンドイッチ)もはずせないメニューです。 最後までベトナム風で決めるなら、甘い甘いコンデンスミルクを加えたベトナム風のドリップコーヒーをおためしください。 あの扉はどこに通じているんでしたっけ? フォーの実験室(ラボラトリー)でしたね… 

12 Xinzhong Jie 向かい / Chaoyang / +86 151 1000 4814 / 毎日11:30-23:00 / pholaboratory.com  


このページの先頭へ