デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

紙に夢中

2014年5月27日

Paper Talk

火薬、印刷術、羅針盤と並ぶ「四大発明」の一つである「紙」は、古代中国の驚くべき発展ぶりを表すものと考えられています。活気に満ちたこの国の闘士たちは、ほかにも数多くの技術を開発しています。今日、世界屈指の紙製品が存在するのも中国です。 その代表例が东城区胡同にひっそりと佇む気の張らない空間、カラフルでモダンな文房具が溢れる「ペーパートーク(Paper Talk)」です。美しい作りのノート、一風変わったポストカード、キュートなモチーフのギフトラッピング、葉のエンボス加工を施したレターキットなどが特に目を惹きます。

ただ、それだけではありません。紙に情熱を注ぐオーナーのハイイー(Haiyi)氏は、中国だけにとどまらず、韓国、タイ、日本の小口仕入れ先から買い付けた多彩な木材パルプ製品や、中国伝統の封筒、可愛らしい提灯など、オーナー自らがあつらえた商品も扱っています。 文房具マニアやクラフトファンなら、水を得た魚のように、ネパールの手描きの紙袋や日本製の極上紙を買い込むはず。 また、手描きカードや繊細な折り紙細工の吊し鶴といった、紙製品にさほど御執心でないという方にもぴったりのプチギフトや可憐なお土産品も揃っています。 店内ではコーヒー、数種類のドリンクも楽しめます。どれもこれも買い占めたくなるショッピングの最中に、エネルギーをチャージしてはいかがでしょうか。 絶対に立ち寄るべし!

12 Fangjia Hutong / Dongcheng / 毎日 12:00 - 19:00 / +86 10 8403 8935

このページの先頭へ