デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

マイホームを飾るホームウェア

2016年5月9日
北京でベストクラスの家具店

LUXEが北京でお気に入りのホームウェアストアをいくつかご紹介します…

受賞歴のあるChang + Biörck(チャン+ビョーク)は、著名なスウェーデン人デザイナーに委託して、中国と北欧との独特の美を融合させた、環境に優しい作品を創造しています。特徴ある模様、鮮やかな色彩、大胆なフォルムを誇る、受賞商品ラインには模様付きテーブルランナー、クッション、掛け布などがあります。

Fnji(梵几)は、孔廟の近くの中庭付き家屋を店舗に改装し、中国や日本の現代風家具や小物、曲線を描いた木製家具を揃えています。隣には落ち着いた雰囲気のカフェもあります。店名は「ファンジ」と発音します。この2階建ての店はオーナーのグ・シガオ(Gu Qigao)氏がデザインした作品も販売しています。機能性と美を兼ね備えた手作りのテーブル、椅子、スツールをご覧ください。

ゲイリー・ワン(Gary Wang)氏のSpin Ceramics(スピン・セラミクス)は、シンプルでモダンな手作りの容器からキュートな「12フェイシズ・ベース・セット(12の顔の花瓶セット)」まで、エレガントで現代風の陶器を伝統的な手法を用いて制作しています。青白磁に赤色のアクセントを入れた「バンブーハット・ライスボウル」に代表されるつややかな美しさが自慢。

Lost and Found(失物招領)は、中国風のひねりを加えた20世紀半ばのスタイルをお求めの方にぴったり。ビンテージの影響を受けた、ノスタルジアをそそるデザインが自慢です。机や椅子、キャビネットなど、1950年代および60年代の中国の家具と消えつつある北京の魅力をデザインに取り入れた作品は、温かみがあって耐久性に優れ、長く愛用していただけます。

后海エリアにある3階建てのGuangfu Museum Shop(観復博物館ミュージアムショップ)は、カンフーのポーズをとる猫マグや日記帳、布地、箸、ティーセットまで、楽しくてファンキーなデザインの作品が販売されています。2階には伝統的な中国風アクセサリーの店とティーショップもあります。

Laitai Flower Market(莱太花卉交市場)にあるのは愛らしい花々だけではありません。第2通路には写真フレーム、磁器、アンティーク小物が並び、階下のKarolina Lehman Atelier(カロリーナ・レーマン・アトリエ)では風変わりな手塗りの磁器皿、花瓶、ランプなどが買えます。マイホームをきれいに飾りましょう!

Chang & Biorck(チャン+ビョーク) / 1/F / Bldg 2 / Sanlitun Village South / 19 Sanlitun Lu / Chaoyang / +86 10 5208 6039 / 毎日10:00-22:00 / changbiorck.com

Fnji(梵几) / 41 Guozijian Lu / Dongcheng / +86 10 5367 2899 / 火-日 11:00-19:30 / fnji.com

Spin Ceramics(スピン・セラミクス) / 6 Fangyuan Xi Lu / Chaoyang / +86 10 6437 8649 / 毎日10:00-19:00 / spinceramics.com

Lost & Found(失物招領) / 42 Guozijian Jie / Dongcheng / +86 10 6401 1855 / 月-金 10:30-20:00、土・日 10:30-20:30 / lostandfound.cn

Guangfu Museum Shop(観復博物館ミュージアムショップ) / Hehua Market / 51-17 Di'anmen Xi Dajie / Xicheng / +86 10 8322 8818 / 毎日10:00-22:00

Laitai Flower Market(莱太花卉交市場) / 9 Maizidian Xilu / Chaoyang / +86 10 6463 6145 / 月-木 9:00-18:00、金-日 9:00-18:30
このページの先頭へ