デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

他にはない良さがあります

2016年7月18日
The Commons(ザ・コモンズ)
トンローにある最先端のコンクリート作りのモール、The Commons(ザ・コモンズ)は、一流のショップで溢れています。新しい流行りのフードコートのコミュニティーは、ロフトのようでオープンかつ開放感たっぷりの現代的なデザインで、おしゃれな人々を魅了します。意欲的なプロジェクトの陰には、Roast(ロースト)を立ち上げたラグジュアリー好きな兄妹デュオ、ヴァラット・ヴィチャ-ヴァダカン(Varat Vichit-Vadakan)とヴィチャレー・ヴィチャ-ヴァダカン(Vicharee Vichit-Vadakan)が存在します(「ヴ」がたくさん!) どうぞごゆっくりおくつろぎください。メキシコ料理、中華料理、日本料理などの魅力的なプロデューサーによるお店でお料理をご注文いただいた後、中央の緑のデッキエリアでお召し上がりください。上階では、デザートとショッピングをお楽しみいただけます。

グルメな方は、ブランチに最適な愛すべきレストランRoast(ロースト)へどうぞ。白のタイルとウッドラインが滑らかに走る店内では、もちろんコーヒー豆をローストしています。人気のメニューには、クラブケーキのエッグベネディクトとコーンビーフハッシュ添えなどがあります。または、ストロベリーワッフルでお腹いっぱいにしてください。

陽気なローカルストリートフードのお店Soul Food 555(ソール・フード555)は、Soul Food Mahanakorn(ソール・フード・マハナコーン)(こちらもラグジュアリー好きにはたまりません)のチームが運営する美味しい人気店です。気軽なタイのスナックに、ニューヨークのテイストが一味入っています。ブリオッシュパンに入ったソムタムとフライドチキン(リスキー・チキン)を想像してください。ブルックリンがバンコクにやってきました!

熱狂的なパイのファンPeppina(ペッピーナ)は、ナポリ風ピザで評判です。他、市内に3店舗あります。シェフのパオロ・ヴィタレッティ(Paolo Vitaletti)氏は、夢のようなピザ生地から、完璧なクラストを作り、そこに食欲をそそるサンマルツァーのトマトソースで仕上げました。

ヴィンテージファッション、花、アクセサリー、サウンドシステム、フランスのペストリーの買い物をしたら、クラフトビールやカクテルで喉の渇きを癒しましょう。他にはない良さがあります
The Commons / 335 Soi Thonglor / 17 Klongton Nue / Wattana / +66 89 152 2677 / 毎日 8:00ー24:00 / thecommonsbkk.com
Roast / 4/F / +66 2 185 2865 / 月ー木 10:00ー23:00、金・土 9:00ー23:00、日 9:00ー22:00 / roastbkk.com
Soul Food 555 / ロビー階 / +66 2 2101 4526 / 日ー木 11:00ー22:00、金・土 11:00ー23:00 / soulfoodmahanakorn.com
Peppina / 1/F / 毎日 11:00ー24:00 / 予約不可 / peppina.asia
このページの先頭へ