デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

グルメなドイツ料理

2016年6月20日
Sühring(スーリング)
ドイツ料理というと、塩辛いザワークラウトや胃にもたれるシュニッツェルなどを思い浮かべませんか? 今年オープンしたバンコクで一番ホットなレストランMenschen(メンヒェン)は、そんなお決まりのイメージを一新するモダンなドイツ料理をお届けしています。ズューリンク(Sürhing)兄弟の世界へようこそ。

この新レストランは、ドイツ出身の双子の兄弟トマス・ズューリンク(Thomas Shring)氏とマチアス・ズューリンク(Mathias Sühring)氏がガッゲン・アナンド(Gaggan Anand)氏との提携により展開する店です。美しくくつろいだ雰囲気のシックな家屋とガーデンで、ありがちな松の木やレースのフリルを目にすることなくお食事をお楽しみいただけます。ビールとソーセージというお決まりのドイツ料理ではありません。パリッとした白いリネン、デリケートな盛りつけ、酢漬けや薫製の小皿料理。そして、Robuchon(ロブション)のソムリエを務めたタナコーン・ボトルフ(Thanakorn Bottorff)氏が厳選する新鮮でフルーティーなワインが、心に残るダイニング体験に華を添えます。

レシピは、兄弟がベルリン郊外の農場でおばあちゃんと過ごした夏を思わせる、家族の思い出が詰まったもの。エレガントにアレンジしたおふくろの味に、素朴な風味の薪焼きグリルを組み合わせた9品、12品コースのテイスティングメニューが楽しめます。自家製パン、ハム類、ピクルス、チーズスプレッド、バター、クラッカーが揃った大皿料理ブロートツァイトは、ぜひお試しください。杉材を使って調理したマス、緑が鮮やかな豆を添えたラムなどは、目にもおいしい逸品です(インスタグラムに投稿する価値あり)。新しい解釈のビルヒャーミューズリーや、エッグノックもおすすめです。

ズューリンク兄弟は、バンコクのヨーロッパフュージョン料理の名店Mezzaluna(メッツァルナ)で修行を積み、その後、自分たちのルーツに深く根付いた料理を、現在の店でよりリラックスしたスタイルで提供するようになりました。オープンキッチンの近くに席を取るか、ガーデン席でターザンとジェーンさながらに、緑の中でのお食事をお楽しみください。
Suhring / 10 Yen Akat Soi 3 / Sathorn / +66 2 287 1799 / 毎日ディナー営業 / suhringtwins.com
このページの先頭へ