デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

レストラン革命

2016年7月4日
タイのニューウェーブ
人気のErrだけが、タイ料理のニューウェーブではありません。バンコクでは、昨年1年でエキサイティングなタイ料理レストランが続々とオープンしました。その中でも注目のレストランをご紹介しましょう。

タイ各地の料理をテーマにしたおしゃれなファインダイニングSaneh Jaan(サネジャーン)は、力強い伝統の味をコンテンポラリーでシックな空間でお楽しみいただけるお店です。官能的な赤のラウンジ、ニュートラルな色調のダイニングルーム、クリームのレザーのバンケットには、甘美なタイのアクセントをあしらっています。地産の食材を活かしたお料理、充実のカクテル、40種類以上のウイスキーやワインをお楽しみください。

次のおすすめは、居心地の良いBaan(バーン)。サステナブルな食材を使ったタイの家庭料理を、スタイリッシュな吹き抜けの空間でお召し上がりいただけます(幾何学的な白いスクリーンとメタルのペンダントライトをあしらったインテリアです)。スパイシーなエビのサラダやカレー、各種炒め物、デザートなどをご堪能ください。カクテルも絶品です。

バンコクのトップシェフ、ティティド・タッサナカジョン(Thitid Tassanakajorn)氏(Baan、Taper、Le Duのシェフを歴任)が率いるBaa Ga Din(バーガディン)では、モダンに仕上げた屋台のお料理を展開しています。ポップな色が鮮やかな魚と雄鶏を描いた壁画とメタルの椅子をバックに、木とレンガ、テラゾを使ったインテリアが映える空間です。チキンの唐揚げやスズキの塩漬けを試したあとは、バーでカクテルをどうぞ。

タイ伝統料理をモダンにアレンジするエレガントなレストランKhao(カオ)は、大きなシェフズテーブルを1つだけ配し、4名から12名のお客様をトップクラスのサービスでおもてなしします。6品、8品、10品コースのテイスティングメニューは、シェフのヴィチット・ムクラ(Vichit Mukura)氏が自ら市場で仕入れる、旬の素材を活かした逸品揃いです。

Le Du(ルデュ)は、トップシェフのタッサナカジョン氏が展開するもうひとつのおすすめレストラン。旬の素材を駆使した、盛りつけが美しいモダンなタイ料理を、アラカルトまたはテイスティングメニューでお楽しみいただけます。淡水大エビ、天然キノコ、乾燥熟成の牛ヒレなどがおすすめです。
Saneh Jaan / 130-132 Wireless Rd / +66 2 650 9880 / 毎日ディナー営業 / facebook.com
Baan / 139/5 Wireless Rd / +66 2 655 8995 / 水-月 ランチ&ディナー営業 / baanbkk.com
Baa Ga Din / 26 Sukhumvit Soi 31 / +66 2 622 3813 / 水-月 ランチ&ディナー営業 / baagadin.com
Khao / 64 Sukhumvit Soi 51 / +66 98 829 8878 / 毎日ランチ&ディナー営業 / khaogroup.com
Le Du / 399/3 Silom Soi 7 / +66 92 919 9969 / 月-土 ディナー営業/ ledubkk.com
このページの先頭へ