ペン・シティに戻る

スペイン風タパスバーが上陸

2014年2月20日
エル・ルガール(El Lugar)

過去1年の間、世界の主要都市ではスペイン風タパスがブームとなり、香港の「ボケリア/ Boqueria」、「22シップス/ 22 Ships」、「ビ・クール/ Vi Cool」をはじめ、マニラの「コバ/ COVA」や「エル・シルクロ/ El Cirkulo」、ニューヨーク「マンサニーリャ/ Manzanilla」、上海の「デ・ベジョータス/ de Bellotas」など様々なレストランがオープンし活況を呈してきましたが、バンコクはその流れに乗り遅れた感じがありました。これまでの日本料理ブームが少し落ち着いた今、人気のレストランやバーが密集するスクンヴィット地区ソーイ23(Sukhumvit Soi 23)にオープンした小さなワイン&タパスバーの「エル・ルガール/El Lugar」は、この南国でもスペイン旋風を巻き起こすことができるように思われます。

“エル・ルガール”とはスペイン語で“場”という意味なのだそうです。1階は賑やかなタパスバーで抽象的な図柄の壁に囲まれ、大理石のカウンターの奥はムーア風アーチを象ったバックバーがあり、2階のダイニングルームはシンプルな内装と調度品が落ち着いた雰囲気を醸しだしています。メニューはオーソドックスなものが中心で、ミートボールのトマトソース(albondigas)、アサリの白ワインソース(almejas marinera)、じっくりと焼き上げた豚ばら肉に伝統的な海鮮やイカ墨のパエリアなどが用意されているほか、イベリア料理にふさわしいスペイン・リオハ地方のマルケス・デ・リスカル社(Marqués de Riscal)をはじめとしたワインも揃います。また、デザートのレモンソルベ&チュロスはお勧めですので、是非お試し下さい。エル・ルガールに乾杯! 
 
120/11 / Sukhumvit Soi 23 / +66 2 662 1875 /ランチ&ディナー営業、不定休  / ellugartapas.com

このページの先頭へ