デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

冷酷な美しさ

2016年8月29日
Bunker(バンカー)
ブルータリズムの再来です。ファイドン(Phaidon)社が最近出版した、一度は嫌われた冷酷なブルータリズム建築様式の専門書によって、私たちは独特の打ち放しコンクリートに再び心を奪われています。

バンコクに新しくできたレストラン「Bunker(バンカー)」を訪れた際、間違って立体駐車場に入ってしまったと思っても不思議ではありません。冷酷なモダニストである打ち放しのコンクリートの中に、ミッドセンチュリーのダイニングスペースが広がり、一風変わったオリーブイエローのレザー長椅子、懐古的なイエロー&アクアカラーの布張りがされた木の椅子が並んでいます。大きな菱形の窓の向こうは、植物が点々と置かれた風通しの良いテラスとなっています。

今年最も開業が待たれていたレストランの1つであるこの驚きのスペースで采配をふるうのは、英国とニューヨークで活躍する料理の天才、ポール・リーブラント(Paul Liebrandt)シェフの弟子であるアーニー・マルセラ(Arnie Marcella)です。新鮮でシンプルな風味を小皿に詰めた同氏のニューアメリカン料理は、質が高く環境に優しい料理を求めてやまないクールな若者客を魅了しています。

「南部の家庭料理、ニューヨークの伝統的料理、メキシコの風味、タイの市場や農場から届く新鮮な食材、和牛からフォアグラまでの世界最高級の食材」を力強く融合させ、美しく盛りつけられた料理は、旬の味でありながら意外性も内包しています。スパイシーアイオリと焦がしライムを添えたアラスカ産タラバガニをスターターに、クリスピーなスズキのチャウダー、締めのタイバジルのメレンゲへと進みます。ドリンクリストは、ワインからカクテル、クラフトビールまで揃う本格派です。気の張らない雰囲気を漂わせた秀逸なレストランであるこの店が、ノンアルコールでやっていくわけがありません。DJが音を鳴らすバルコニーで、交流を楽しみましょう。
Bunker / 118/2 Soi Suksa (Sathorn 12) / +66 92 563 9991 / ディナー 月ー金 / bunkerbkk.com
このページの先頭へ