ペン・シティに戻る

センシ(Sensi)

2014年3月31日
五感で感動
ナラーティワートという静かなロケーションに隠れて立つ上質なイタリアンレストラン「センシ(Sensi)」。その立地にもかかわらず、1月のオープン以来、既にトリップアドバイザーのバンコク最優良レストランリストの5位に急上昇しました。都会の厳しいレストランシーンから離れてわずか数カ月で、これはなかなかの快挙です。 しかし、バンコクのレストラン「オプス(Opus)」で好評を得ていた才能ある若きイタリア人シェフ、クリスチャン・マルテナ(Christian Martena)氏が、この新しいレストランで采配を振るい、妻のクララ(Clara)氏が表方を取り仕切っていることを考えると、実のところ、その快挙はそれほど驚くことではありません。 しかも、情熱を持って働くこの二人と、改修を施した大きなタウンハウスと庭がセットになっているからこそ、洗練されながら家庭的な雰囲気を味わえる「センシ(Sensi)」が実現しているわけです。

きめ細かな配慮行き届いたアラカルトは今も、ズッキーニのクリュディテとオレンジを添えた桜燻製シーバスのカルパッチョ、泡立てたパルメザンがけポルチーニのリゾット、カナダ産ロブスターの手捻りパスタ‘ストロッツァプレティ’といった繊細な料理で表現されています。 ただし、この店らしさを徹底的に楽しみたいのなら、マルテナ氏のこだわりが凝縮された7品コースメニューがおすすめです。口の中でとろけるフォアグラを一切れ添えた素朴なマッシュルームスープ、ブラティナとパルマハム、とれたてアーティチョークとバルサミコキャビアなどを、キャンティ・クラシコ・フォントディといった選りすぐりの旧世界ワインとともに味わいましょう。 レトロなモールドチェアが囲む木製コミューナルテーブルのコーナー席を確保して、シェフの仕事ぶりを観察してみてください。

Narathiwas Soi 17 Yaek 5 / 月曜日 - 土曜日 18:00 ― 24:00 / +66 (2) 117 1618 / sensibangkok.com
このページの先頭へ