ペン・シティに戻る

ケネスコール・ニューヨーク

2014年3月24日
ニューヨーク、ニューヨーク!
イノベーションがファッション界で頭角を現すための重要な基準であることは、疑う余地もありません。デザイナーのケネス・コール(Kenneth Cole)は、その事実をよく心得ています。30年前にニューヨークのファッションシーンに参入した彼は、映画制作のライセンスを申請。40 ft(約12 m)のトレーラーをマンハッタンのミッドタウンに駐車し、そこで40,000足の靴を販売して短編映画を制作し、ファッション業界に名を売りました。すべて4日間で成し遂げた出来事です。 30年後、彼の高級ブランド「ケネスコール・リアクション(Kenneth Cole Reaction)」は世界中に輸出され、デザイナーであるケネスの現在の関心は、自らのデザイン「ケネスコール・ニューヨーク(Kenneth Cole New York)」の洗練されたファッションショーを行うこと。また、新店舗をバンコクにオープンしました。

典型的なマンハッタン人のタフで個性的なスタイルを売りにするケネスコールのアイテムの多くは、ブラックがメイン。例えば、スタッズ付きのラペルをあしらったレザーベスト、ボーンレザーTシャツ、プリーツ加工を施したブラックのスキューバニットスカート、バンドゥトップなどがあります。 その一方で、ケネスの2014年春夏コレクションの特色は「アーバンジャングル」。熱帯の異国情緒あふれるプリント、エッジーで逞しいハーレムシック、ゆとりのあるラインのスポーティーなメッシュ、クレープジャカードのハーレムパンツ、アシッドイエロー&アブサングリーンのプリントブラウスというセクシーなアイテムがそろっています。 とりわけ人気なのが、後ろの裾を長めにした深めのネックラインのスマートなブラックトップスや、くすみグレーで風変わりなヒールのついたグラディエーターなど。どちらも、ちょっと小生意気なニューヨークテイストをワードローブに取り入れるにはうってつけのアイテムです。

1/F / Eden Zone / CentralWorld / Ratchadamri Rd / kennethcole.com
このページの先頭へ