デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Amantee(アマンティー)

2014年8月4日
フランスの味覚とオリエンタルなアンティーク
バンコク市内に住む都会人の足を郊外に向かわせるのはなかなか大変なことです。不規則に広がる広大な都市エリアと、正直なところ衝撃的なまでの交通渋滞のひどさが‘バンコクから出ない’立派な口実になるからです。 それにもかかわらず、買い物と食事でゆったりした午後の時間を過ごすためにわざわざChaeng Wattana(チェーン・ワッタナ)まで足を伸ばすバンコクっ子がいるというのですから、レストランとアンティークショップを備えたAmanteeの人気のほどが窺い知れようというものです。 中心からは少し離れていても、素晴らしいフランス料理とアンティーク好きにはたまらない骨董品を求めて行く価値は大いにあるようです。
Yannawa(ヤーンナーワー)の静かなソイに店を構えるAmanteeは、タイの伝統的な民家の美しさをそのままに保っています。 新しいギャラリースペースには、手作りの家具、中国のアートワーク、チベットの本物のアンティークなどいずれも上質なアイテムががぎっしりと並べられています。これらはすべてフランス出身のオーナージル・サンドレ(Gilles Sandre)氏が自らの目で厳選して収集したものです。 隣にあるカフェにはデッキチェアも植え込みもなく、むき出しのレンガの壁と真っ白な床の清潔感溢れる店内で、ホタテのタルタルフェンネルドレッシング仕立てや、刻んだカリカリベーコンを散らした冷製カリフラワースープなど、フランス風の魅惑的な軽食を終日楽しむことができます。 さらに、パン職人ブノワ・フラデッテ(Benoit Fradette)氏が作るオーガニックなパンと、ヨーロッパ産のワインが加われば、Amanteeでのんびり過ごす完璧な午後のできあがりです。今は帰りのことは考えずにおきましょう。
2240/12-13 Chan Kao Rd / Yannawa / +66 2 678 1300 / amantee.com
このページの先頭へ