ペン・シティに戻る

Piñata Mexicana

2014年4月21日
活気あふれるメキシカンレストラン
ユネスコの「世界無形文化遺産」にも指定されているメキシコ料理。アイリッシュ・パブと同じように、世界中ほとんどどの都市に行ってもメキシコ料理のレストランがあるのには、ちゃんと理由があります。すごくおいしい、というのがその理由です。 ですから、これまでバンコクにメキシコ料理のレストランが存在してこなかった理由は神のみぞ知る、といったところ。でも、シカゴで修業を積んだシェフ、Frank Sitipredanant(以前はHigh Hatに勤務)が人気の新しいメキシコ料理のコンセプトを取り入れた「Piñata」のオープンで口火を切って落とした今、メキシコの食文化が今後続々とこの地に流れ込んでくるであろうことは想像に難くありません。

レストランは2階建ての伝統的で優美な店舗建築で、壁の色は鮮やかなキャンディーのよう。パペルピカードの旗飾りが店内を彩ります。もちろん、天井からはくす玉を意味する店名を表すように、メキシコの子供祭りで使われるパピエ・マシェのくす玉が吊り下げられています。 Sitipredanantの自慢は自家製のトルティーヤとソース。ライムやチリで風味付けしワカモレと自家製の小麦のトルティーヤ、スパイシーなイカのフライ、ウエボス・ランチョスとトマト風味のブラウンライス、鴨の卵の目玉焼きと肉、タコスを詰めたハードシェルのワタリガニ、ポークの肩肉のジューシーな煮込みなどのメキシコの伝統料理には、可能な限り地元でとれた有機栽培の食材を使用しています。 おいしいマルガリータやモヒートで、フィエスタ気分も盛り上がります。さあさあ、行きましょう!

159/15 Thonglor soi 7-9 / +86 2 392 7881 / 毎日 17:00-24:00 / facebook.com/Pinatabangkok
このページの先頭へ