デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ホット・ニュー・バー:Yes Please(イエス プリーズ)

2017年6月12日
Yes Please(イエス プリーズ)

「Yes Please(イエス プリーズ)」はBGCに新たに誕生した、奇抜で機知に富んだブティックバーです。1980~1990年代をテーマにしたクールでカジュアルなこのカクテルバーの仕掛け人は、バー業界のスーパースターでレストラン経営者のエルワン・ヒューサッフ(Erwan Heussaff)氏。グルメ向けブログ「The Fat Kid Inside」の筆者でもあります。楽しいテーブルサッカー台を備え、夜のとばりが下りるとノリのいい音楽に満ち溢れます(DJによるニルヴァーナのスピンは聞き逃せません)。

巧みにミックスされたドリンクには、「トップガン」の主役マーベリックやデヴォン・サワ、トミー・リーといった80~90年代にちなんだ奇抜で懐かしい名前が付けられています。スラッシーマシーンで作られたよく冷えたドリンクも揃っています。バーボンベースにグリーンマンゴーとタマリンドを混ぜた「レジェンド~隠れ寺の伝説」、ホワイトラム、パイナップル、ライムを混ぜてマシュマロの泡を乗せた「ガールスカウト コラーダ」、メスカル酒、マンゴー、メロンジュースがキュートなティキスタイルのオウム型マグに入った「フライングV」などをぜひお試しください。

カクテルのお供には、ボリュームたっぷりのガーリックステーキライス(目玉焼きのせ)や豪華な‘エブリシング ナイス‘フライはいかがですか。店内はファンキーでセクシー。歓談にぴったりのソファは、七色に輝くネオン照明とパステルの壁画に囲まれ、グラフィックな1980年代の雰囲気を再現しています。

レトロなおもちゃ、マジック8ボールのイキな返答にヒントを得て名付けられたこの安酒場風バーは、管理に手のかかるありがちなバー文化をはねつけ、クラビングや堅苦しい高級バーに飽き飽きしている客のためのアンチバーを自称しています。このバーはお客様に、真面目すぎない、楽しい夜のひとときに対していつもこう答えてほしいのです。「イエス プリーズ!」と。

Yes Please / 11th Ave cnr 38th St / Uptown Bonifacio / The Fort / Taguig / +63 91 7140 7777 / 月-土 18:00-27:00 / facebook.com
このページの先頭へ