デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

壮観なサーカスショー

2017年6月19日
Toruk – The First Flight
(トゥルク - ザ・ファースト・フライト)
青をテーマにした舞台は大人気のブルーマングループの専売特許だと思っているなら、考えを改める時かも。マニラは今、新たな波により、それとは違う鮮やかブルーのムードに染まりつつあります。カナダのサーカスエンターテイメント集団が、アメリカの大ヒットSF映画をモチーフにした新作公演でマニラを制覇しようとしているのです。

シルク・ドゥ・ソレイユが初めて映画をモチーフにしたショー『Toruk
– The First Flight(トゥルク - ザ・ファースト・フライト)』は、2009年の映画『アバター』で採用された魅惑的な視覚効果に着想を得て、監督のジェームズ・キャメロンの協力のもと制作されました。鮮やかなコバルトブルーの凝った羽根飾り、目をみはる衣装と観客を魅了する舞台セットにご期待ください。会場はMall of Asia Arena(モール・オブ・アジア・アリーナ)、公演は6月23日からです。

原作に登場するのは、下半身不随の元海兵隊員。次々下される命令に従うか、青い肌をもつ宇宙部族ナヴィたちが自然と調和して暮らす世界を守るか…衛星パンドラに派遣された彼は板挟みになります。今回ライブステージ用に翻案されたストーリーでは、映画に描かれた出来事の数千年前という、想像を超えた世界が描かれ、パンドラの空に君臨する恐ろしい捕食動物トゥルクを鎮めるため旅立つ2人のハンターの壮大な冒険の旅の物語が演じられます。冒険の途中、幼なじみである2人は5つの護符を集めなければなりません。

制作監督(ニールソン・ビニョーラ、Neilson Vignola)とともに、2名の優れた振付師によるダンス、圧巻の舞台セット、胸躍るアクロバット、宙を舞う技、躍動感あふれるパペット、夢でも見ているかのような照明、誰をも虜にする音楽がショーを演出します。マルチメディア監督兼ライターのマイケル・レミュー(Michel Lemieux)とビクター・ピロン(Victor Pilon)が、観客を見たことのないような神話時代の未開の地に導きます。美しく驚異的な冒険の旅を…

2017年6月23日-7月2日

Mall of Asia Arena / Mall of Asia Complex / JW Diokno Blvd / Pasay / +63 2 470 2222 / チケット購入:smtickets.com / cirquedusoleil.com
このページの先頭へ