デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Chinese Opera Festival(京劇フェスティバル)

2017年6月12日

京劇は、香港の人なら誰でも知っている、という風情のものではありませんが、香港の最も大切な遺産のひとつと言えます。それは、古い歴史を持つ中国文化が誇る、神秘と魅力の世界へと人々を導く芸術なのです。美しいファルセット、ドラの響き、複雑な身のこなしや豊かな象徴性を特徴とするこの大衆芸術様式は、古くから現代まで引き継がれてきました。

 

京劇フェスティバルは、毎年夏(6月13日-8月13日)に街全体を会場にして行われ、舞台公演や映画上映、エキシビションが開催されます。一流の俳優や素晴らしい歌唱、色鮮やかな衣装や豪華な舞台装置が融合して、あたかも万華鏡の中にいるような、伝統的でありながら革新的なこの演劇様式独特の世界が繰り広げられます。

 

京劇は様々なジャンルの芸術の魅惑的なミックスと言えます。なかでも地元の広東オペラ(粤劇)はユネスコの人類無形文化遺産に選ばれています。このオペラは中国の伝説と音楽、歌唱、演劇を融合させたスタイルであり、人々の心を強く揺さぶることで有名です。この豪華なスペクタクルは、広東語が分からなくても十分楽しめる催しになっています。

 

フェスティバルのハイライトは、オープニングに催される京劇ガラです。ここでは中国を代表する2つの歌劇団が共演して、「A Right Royal Match」など、圧倒的な6つの演目を上演します(6月13日-18日、香港文化センター)。不幸な星の元に生まれた恋人同士のロマンチックな物語は、上海紹興市のオペラグループの第1歌劇団により上演されます(8月3日‐5日、同センター)。浙江省オペラリサーチセンターでは、大胆な妙技とエレガントな歌唱で有名な穆桂英(ぼくけいえい)およびその他の演目を抜粋して上演します(6月23日‐24日 沙田大会堂、6月25日 屯門大会堂)。

 

2017年6月13日-8月13日

 

Chinese Opera Festival/ +852 2268 7325  / cof.gov.hk

このページの先頭へ