デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

カクテル界のオスカーに輝く

2012年10月4日
ヴァーニッシュ・バー(Varnish Bar)

煌びやかで、いつも世界の注目を浴びているロサンゼルスですが、このところ、カクテルの分野においてはニューヨークにリードされてきました。ロサンゼルスのバー界から新風を吹き込み、カリフォルニアが長らく待ち望んでいたカクテル界復活の旗手となっているのが、ヴァーニッシュ(Varnish)です。

セド・モーゼス(Cedd Moses)の飲食事業グループの一つで、関連会社のレストラン、コールズ(Cole’s)の裏側にあるダウンタウンの“隠れ家”です。3年前にオープンし、2012年7月にニューオーリンズで開かれた“テールズ・オブ・ザ・カクテル2012 スピリットアワード(Tales of the Cocktail’s 2012 Spirited Awards)”でカクテル界のオスカーとも言うべき“ベスト・アメリカン・カクテルバー(Best American Cocktail Bar)”に輝きました。

ニューヨークの超有名バー、ミルク&ハニー(Milk and Honey)のサーシャ・ペトラスキーさん(Sasha Petraske)や毎年バーテンダー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされているエリック・アルペリンさん(Eric Alperin)らがヴァーニッシュの開業にかかわったことを考えると、これまで受賞していないことの方が不思議なくらいです。

“もぐり酒場”がありふれた存在になっている現在でも、照明を落とした中で流れるムードあるジャズ、高品質のスピリッツ、カクテルレシピは正統です。見落とされそうな地味な外見が特徴の“もぐり”酒場ですから、飾ってもいられませんが、その中身は“Varnish(飾る)”の名前に恥じない、一度は訪れる価値のあるバーと言えるでしょう。

ウォッカ、ライムジュース、ジンジャーシロップ、ローズウォーターとソーダの爽やかな“パルマフィズ(Palma Fizz)”、ウィスキーにベルモット、アブサンをベースにした“リメンバー・ザ・メイン(Remember the Maine)”などが代表的なカクテルですが、やはり受賞に輝いた“バーテンダーのお勧め”を試してみたいところです。では、乾杯!

118 East 6th St / Los Angeles / Cole’sの裏側 / 19:00-02:00 
+1 213 622 9999 / www.thevarnishbar.com

このページの先頭へ