デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

プラットフォーム

2016年5月2日
スタイルプラットフォーム

切なくなるほどヒップな新Culver Cityのリテールおよび憩いのスペースとしてワシントン大通りにお目見えしたPlatform(プラットフォーム)は、ショッピングしたり人々と交流したりと楽しいひと時を過ごすのに相応しい場所と言えます。イノベーティブなショップ、ファッション、アート、飲食店など多彩な店舗が、ハイデントラクトの工場跡の3階建てのビルに集まっています。

メガネに目のない方には、ラグジュアリーなロンドンのメガネデザイナー、Linda Farrow(リンダ・ファロー)’の米国初出店となるブティックがおすすめ。Linda Farrowらしいセクシーなラインのほかにも、Dries van Noten(ドリス・ヴァン・ノッテン)、Oscar de la Renta(オスカー・デ・ラ・レンタ)、3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)、The Row(ザ・ロウ)とのコラボによるクールなデザインも揃います。お肌、髪、ボディケアが何よりも好きという方は、メルボルン生まれのAesop(イソップ)へぜひ足を運んでください。この店は地元のデザイナーと共同で制作した美しい店舗が話題です。同ブランドのトラベルパックとギフトパックはリピーターの多い商品。見逃せません。

LA生まれのバイソンレザーを使ったアクセサリーを扱うのがParabellum(パラベリュム)。そのラインナップから商品選びへのこだわりが感じられるコンセプトストアです。ハンドバッグ、メンズバッグ、ベルト、ウォレットなど、一目惚れしてしまいそうな品が目白押しなのでご用心。もう一店注目したいのがメンズのストリートウェアを各種取り揃えたKilter(キルター)。スポーツ用のアクティブウェア、Tシャツ、パーカ、トラック用ボトムまでさまざまなラインナップに定評あり。Magasin(マガシン)は日本とイタリアのスタイルを掛け合わせたようなプレッピーなシャツ、ジャケット、シューズの宝庫です。ブルーミングデールの前ファッションディレクター、ジョッシュ・ペシュコビッツ(Josh Peskowitz)氏率いるこのブティックは、Massimo Alba(マッシモ・アルバ)、Engineered Garments(エンジニアードガーメンツ)、Feit(フェイト)といった最新のメディアにもまだ登場しないような真新しいルックを提案しています。

服も部屋も大好きなものに囲まれて暮らしたいという方にはTom Dixon x Curve(トム・ディクソン x カーブ)が必見です。有名な英国人インテリアデザイナーとネベーナ・ボリソワ(Nevena Borissova)氏のライフスタイルマルチレーベルのファッションがコラボを果たした、「インテリアとレディースウェア」という新しい枠組みを提案しています。Dixonの米国初出店でもあり、伝統的なイングリッシュティーや軽食などを楽しめるカフェを併設しています。

買い物三昧でお腹はぺこぺこだし、足は棒のよう?ご安心ください。Loqui(ロキ)(バハ・カリフォルニア最高!)で自慢の軽食を思う存分ほおばったり、ビールと肉屋がコラボしたThe Cannibal(ザ・カニバル)で肉汁したたる料理をほおばりながら、キンキンに冷えたビールを満喫しましょう。心地良い風が頬をくすぐるパティオなら、おいしい料理がさらにおいしく感じられることでしょう。

8850 Washington Blvd / Culver City / +1 415 342 4089 / platformla.com
このページの先頭へ