デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Bと言えば、「Balenciaga(バレンシアガ)」

2016年8月1日
Balenciaga(バレンシアガ)

贅沢な体験をお望みですか? では、Balenciaga(バレンシアガ)に足を運びましょう。この伝説的なヨーロッパのファッションブランドは、以前はウエストハリウッド・デザイン地区のメルローズ・アベニューに店を構えていましたが、新しいビバリーヒルズのブティックはノース・ロデオ・ドライブに位置します。175㎡ほどの広さを誇る同ブティックには、すばらしいレディースおよびメンズウェアのコレクション、シューズ、アクセサリー、アイウェアが並んでいます。Gucci(グッチ)とSalvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)の間にあるので、すぐに見つかりますよ!

緑の大理石のファサードが、お客様を歓迎します。店内に足を踏み入れて、連結している3つの部屋を探索しましょう。同ブティックの雰囲気は、創業者Cristobal Balenciaga(クリストバル・バレンシアガ)がパリのジョルジュ・サンクに所有する邸宅を思わせますが、この居心地のよいサロンは21世紀の時代に合うように一新されています。ベージュのコットンツイルを使用した室内装飾品と、滑らかでこの上なく都会的なグレーのコンクリート、アルミニウム、ガラスを組み合わせた店内は、荒涼としていて、幾何学的で、修道院のようで、ミニマルでありながら、極上の贅沢さが感じられる空間です。荒々しさと洗練の共存、ハイエンドとインダストリアルの対比、オートクチュールとコンテンポラリーの融合がここにあります。

新しいブティックは、バレンシアガのクリエイティブディレクターであるDemna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)のデザインビジョンを体現しています。楽しみはショッピングだけではありません。この優雅な建築空間は、店舗というよりも、抽象的なモダン彫刻が点在する最新のアートギャラリーのようです(艶やかな木目の木とエメラルドグリーンのミラーガラスを使用した目を奪うほどにゴージャスなグラフィックカウンターは、まるでDonald Judd(ドナルド・ジャッド)が制作した彫刻のようです)。このフランス発のレーベルの世界で10番目のブティックは、ファッションの芸術性を正面からとらえていると言えるでしょう。モード万歳、バレンシアガ万歳!

Balenciaga / 353 N Rodeo Dr / Beverly Hills / +1 310 854 0557 / 月-土 10:00 - 19:00、日 12:00 - 18:00 / balenciaga.com
このページの先頭へ